簡易査定と訪問査定

家を売るときは査定に出しますが、査定には簡易査定と訪問査定があります。どちらがいいのかは状況によって異なります。ここでは簡易査定と訪問査定についてどちらが選ぶべきかを観点にそれぞれの特徴等を紹介していきます。

 

 

簡易査定とは

簡易査定とは別名机上査定とも言われ実際に査定士が目で見て調査することなく、物件の情報のデータのみをもとに算出する簡易の査定のことです。具体的に言うと、売却予定物件の所在地、土地、建物の広さ、築年数、間取りなどの物件情報のデータを基本に査定します。その基本データに物件の類似物件の成約価格や、市場の動向などに基づいて算出します。

 

実際目で物件を見て査定しないので多少の誤差は出ますが、簡易査定の基本は過去の取引事例をもとに算出していますのでそれほどびっくりするほど実際の制約価格との価格差が異なるということもないでしょう。

 

簡易査定は、売却するかどうかをまだ検討している段階に向いた査定方法になります。

 

 

 

訪問査定とは

訪問査定は、簡易査定と同様な査定を行いますがさらに実際に売却予定物件を査定士が目で見て査定します。現地調査を経て査定価格を算出しますのでより正確な適正価格を導き出してくれます。
具体的に言うと、戸建てなど土地が関わる場合は道路と敷地の位置関係もチェックします。また陽当り、室内や設備のメンテナンス・不具合状況、マンションでは眺望なども査定に影響します。
進学校とか、大きな病院、図書館、学校までの距離等もしっかり査定してくれます。

 

 

 

実際に売却するならば仮に簡易査定をしたとしても訪問査定をして正式な査定額を算出してから売り出しを始めましょう。


 

 

 

訪問査定と簡易査定の特徴

訪問査定と簡易査定の特徴は以下のとおりです。

 

 

 

 

簡易査定と訪問査定のまとめ

簡易査定と訪問査定のまとめ

簡易査定と訪問査定について紹介してきました。
簡易査定は、物件情報と類似物件の売却事例などをもとに、データから査定する方法です。一方、訪問査定は簡易査定の情報を基本にさらに現場調査を行い、物件の個別の事情を反映した精度の高い査定方法です。

 

注意する点は、簡易査定は実際の売却価格からズレる可能性もあると認識してくだい。実際に売却するなら必ず訪問査定で出た結果の査定額を基準に売り出し価格を決めてくだい。

  • 机上査定…売却するのがまた未定の方な良い不動産会社が分からない方
  • 訪問査定…売却するのが決まってる方である程度不動産会社を絞れてる方